7年前のスケッチブックになぐりがきしてたお話し

あるところに、女の子がいました。 

 


女の子は、お月様のことが大好き。 

毎日、夜になるのが待ち遠しくてたまりません。 

お月様といろんなお話をして、眠りにつくのです。


でも、いつも目が覚めた時には、 


おそらにお月様はいなくなっています。 

お月様の変わりに、真っ赤な顔した太陽さんが、

 

さんさんと顔を出しています。 


その夜、女の子はお月様にいいました。 



「太陽さんが来ると、

 

お月様はいなくなっちゃうんだ。

 
太陽さんなんかだいっきらい!」 


そんな女の子を見て、

 

お月様は微笑んで語りかけました。 

「私があなたとこうしてお話が出来るのも、

 
見えないところから

 

太陽さんが絶えず

 

私を照らし続けてくれているからなのです。

 

太陽さんがもしもいなかったら、

 

私も見えなくなってしまうし、

 

世界中が真っ暗になってしまうのですよ。」 

 

お月様の話を聞いて、

女の子は太陽さんの大切さを知りました。 

 

「太陽さんを

だいっ嫌いなんていってごめんなさい」 

 

お月様は優しく微笑みました。 
そして、女の子はお月様に、朝になったら太陽さんにご挨拶すると約束して、眠りにつきました。 

 


次の日の朝_____ 

女の子は太陽さんに向かって

 

大きな声で言いました。 

 

「太陽さんおはようございます!

 

今日もありがとう」 

 

太陽さんは、

 

お月様と同じような優しい笑顔でにっこり微笑み、 


今日も明るく女の子を照らしてくれましたとさ。 

 


0 コメント

小説を読んで装画を描いてみた


0 コメント

トカちゃん

0 コメント

さくらんぼのはなし

0 コメント

つばめのたびだち

5/19

5月19日

まだちいさなつばめの子どもたち。

5/30

5月30日

大人のつばめと同じくらいに成長した子どもたち。

 

5/31

5月31日

つばめたちは巣立ってしまったようだった。

 


0 コメント

授賞式

0 コメント

fantasia

0 コメント

NEW KICKS

0 コメント

命日

0 コメント

Flying Super "P" Man

0 コメント

父の象 娘の象

0 コメント

2014年3月5日

日付かわっちゃったけど、3月5日は、ジャケイラストを描かせてもらった、DJ NATUREのLet The Children Playの発売日でした。

 

NATURE a.ka. Miloに出会えたのは2012年、それから、

まさか自分にジャケットを頼んでくれる日が来るなんて、

依頼が来たときは嬉しくて泣きました。号泣しました。

 

そして、同じ日にGAGLEの5TH Album VJ+のリリースがありました。

 

もうすぐ、東日本大震災から三年がたつけれど。

 

GAGLEのHUNGERさんとは、震災後に、私の地元の気仙沼に

一緒に行って、被災して物資が無いところを回り、物資を届けたんだ。

先日ちょうど気仙沼に帰っていたので、そのときのことを思い出していた。

 

三年がたったいま、形は違えど、同じ日にこうして発信することができることを

嬉しく思った。

 

あの時は泣くことしかできなかった。泣いたらだめだと思うのだけど悲しかった。

 

でも自分なんかより、震災があってからずっと気仙沼で日々

被災した事実と向き合いながら過ごしている人たちのほうが

よっぽどつらいし、しんどいんだ。

自分は見ていないもの、体験していないこと

被災した人々は毎日毎日、今日までそしてこれからも、

その事実を受け止めて、それでも前に進んでんだ。

 

すこしでも、自分は、絵を描いて、ひとを笑顔にしたり、幸せにできたらいい。

自分はいい人間じゃないけどなんかそんな風に思う。

 

 

がんばる。

 

 

 

1 コメント

RAF-REC ×YUI ABE EXHIBITION CLOSING PARTY

PHOTO by 伊豆田 員弘(strobe right)

0 コメント

お父さんお母さん

 

 

 

 

 

三月にやる、お父さんとの二人展のDMを、親子写真にしたくて、

友達のりなちゃんに、お願いして写真をとってもらったんだ。

 

絵画展だから、本当は、作品をつかうべきなんだろうけど、

お父さんと二人で写真なんか、小さいころから

ずいぶん一緒にとっていなくて、だから、写真にしたんだ。

お父さんも、にっこりしているし、うれしい!

 

私にとっては、お父さんは、ご神木みたいな存在で、

どっしりしてて、まっすぐで、威厳があるんだ。尊敬しているんだ。

名前のとおり、正しく生きようとしている人だ

 

 

お父さんと、二人で、展示するの、目標にしてきたんだ。

 

お母さんも、嬉しそうで、よかった。

 

お父さんとお母さんには死ぬほど迷惑をかけてきてしまったから、

これから、たくさん、喜ばせたいんだ。

 

高校とき、反抗期で、学校を勝手に早退したり、行かなかったりした時期があって

お母さんと、毎日衝突してばっかりだった。

「お母さんだって、娘を誇りに思いたい」って、泣いて言われたこと、ずっと残っていた。

だから、はやく、自慢できる娘になりたいんだ。

 

 

 

はぁー。何歳になっても、子供だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

作品集できた

0 コメント

ばーちゃん

先日、お母さん方のばーちゃんの、米寿のお祝いに帰省した。

 

ばーちゃんは、たぶん、自分のために

集まって、お祝いしてもらったのなんて、人生で初めてだったんじゃないかと思う。

 

ばーちゃんは、写真とるときに、笑ってー!っていっても、じょうずに、笑えなかった。

「笑い方も、泣き方も しらねぇんだぁ」っていってた。

きっと、ほんとうに、そうなんだと思う。

 

若いころに、奉公に行ったときいた。

くわしくはわかんない。

けど、きっと、

笑い方も、泣き方も、わからないような、そういう、人生をずっと送ってきたのだと思う。

 

ばーちゃんに、人生あるかぎり、たくさん笑顔になってほしいとおもう。

いきてたら、いいことあるなぁって、おもってほしいなーと、おもう。

いきていて、よかったぁって、

そうおもってもらえんなら、できること、なんでもしたいなー、とおもう。

草薙つよしすきだっていってたから、できることならば、あわせてあげたいものだ。

 

ばーちゃん孫は、あなたのことを、そんなふうに、思っています。

 

また、手紙をかくねぇ

 

 

 

おわり

 

 

 

0 コメント

沖縄にいます2

0 コメント

沖縄にいます。

0 コメント

みんなありがとうございます

0 コメント

9月21日

0 コメント

9月20日

0 コメント

9/2、9/3 東京搬入

0 コメント

ばあちゃん米寿祝い

0 コメント

阿部家のみんながみにきた

お父さんと、お母さんとばあちゃんが、わざわざ仙台まで来てくれて

 

自分の展示をみにきてくれた。

 

妹も、姉もきた。

 

みんなきてくれてうれしかった。

ありがとう。

 

 

ばあちゃんは、ちょっとまえ、

具合悪くして救急車で運ばれて心臓が一度とまった。

 

 

 

ばあちゃんに喜んでもらえたかな。

 

ばーちゃん、88歳のお祝いするんだから、まだまだ元気でいてね。

 

 

 

おねがいだよ。

 

 

おわり

 

 

 

 

お母さんずいぶんめじりがさがったなー
お母さんずいぶんめじりがさがったなー
0 コメント

What is the origin of the world?

 

 

 

 

世界の起源はなに?

 

だーれも知るはずなーーーーーーーーーーーーーーい。

 

 

だってみんな、いないし。

 

始まりがなぞだから、いま、げんざいも、

 

なぞ。

 

なぞ

 

不可能なんて、ないんじゃない

 

宇宙は、ひろいしなぁー

 

 

 

 

おわり

 

 

0 コメント

制作

自分の生きている世界は狭いなー

6畳くらいのへやで

まいにち

ここでつくっているものが、

いろんなところにいって、

いろんなひとたちに、みてもらえますように

 

 

 

そうなったらいいなー

 

 

 

 

 

0 コメント

うた

いーつーかー あーなーたーもー 

 

 

ほーしーにーねーがーいーをー

 

 

あーいーすーるーひーとーがー

 

 

でーきーたーーならーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

部屋が狭い

0 コメント

日々

1 コメント

じぶんよりも大きいキャンバスがきました。

 

 

 

どうなっていくかな

0 コメント